HOME >  2.3 RC構造物の寿命予測
ブログ更新情報
ブログを見る

携帯電話用QRコード

大阪公立大学大学院 生活科学研究科 居住環境学講座 【居住空間構造学分野】 <時間依存性構造学>  渡部嗣道 研究室(わたなべ つぐみち)モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

2.3 RC構造物の寿命予測

RC構造物の寿命予測 ▶ コンクリートの中性化と鉄筋の発錆 ◀

現代のセメント(普通ポルトランドセメント)が使用されてから一般的に普及された鉄筋コンクリート構造物の歴史はそれほど古くはない。概ね100年程度と考えられるが、その寿命については、諸説あるものの、本章では、一般的な使用状態の中で健全に建てられた建物について、鉄筋コクリート構造物としての機能が果たせなかったと推測される時期を寿命としてとり扱うこととする。この場合においては、コンクリートの物理的な性質は変化しないものと考えられるため、鉄筋の錆の発生すなわち断面欠損が生じる時期を寿命として取り扱うこととする。
大阪市立大学全学総合教育科目「人間と居住環境」の講義資料
PDFファイルを表示
鉄筋コンクリートの中性化
鉄筋コンクリートの寿命
お問い合わせはこちら